事業内容

廃プラスチックを、ふたたびオイルへ。廃食油・バイオマスをバイオ燃料へ。私たちは、確かな“油化技術”で、循環型社会の創造を目指します。

HiBD油化装置(HiBD方式)

HiBDバイオディーゼル油化装置
『HiBD-β』

HiBD(ハイビーディー)方式とは、上記と同じく藤元薫教授の特許技術であり“触媒による動植物油脂の接触分解方式”のことです。この技術により、廃食油や油脂含有バイオマス(液体、固体を問わない動植物性の油脂)から高品質な炭化水素系バイオ燃料(ガソリン分と灯軽油分の混合油)を生成することができます。その第1号機として、ODA/世界開発援助であるSATREPS事業の『新バイオディーゼルの合成法の開発』を受託。タイのチュラロンコン大学へバイオディーゼル油化装置『HiBD-β』を納入しました。
従来のメタノールを使用する油化方法である『BDF(FAME法)』での生成油は脂肪酸メチルエステルであるのに対して、『HiBD』では一般的なガソリンや軽油と同じ炭化水素油になるため、エンジンの樹脂やゴム製部品の劣化がなく、熱影響による酸・スラッジの発生や品質劣化の心配もありません。そのため、BDFが軽油に対して5~10%程度しか混合できないのに比べ、HiBDなら100%バイオディーゼルでの使用も可能です。また初期投資やランニングコストの圧縮が可能なため、生成コストを抑えることができ、次世代のバイオ燃料事業の可能性を大きく広げています。
HiBD油化装置(HiBD方式)

HiBDバイオディーゼル油化装置
『HiBD-50』

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)より、平成29年度「ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業」の採択を頂き、製造したHiBDバイオディーゼル油化装置。この事業では、廃食用油から市販されている軽油と同じ、軽油の強制規格、標準規格、JIS1号規格の規格を満たした炭化水素油まで品質を向上させることに成功させ、次世代型バイオディーゼル技術であるHiBD方式の可能性を更に広げる結果となりました。
RE:OIL活動
『廃プラスチックを、ふたたびオイルへ』(HiCOP研究所)
『廃食油・バイオマスを良質のバイオ燃料へ』(HiBD研究所)
一般社団法人HiCOP研究所/HiBD研究所が提唱している、新しいリサイクル文化の普及を目指すRE:OIL(リオイル)活動。
捨てられるゴミの有効活用、資源の循環化を促進し、更には事業的・経済的にも自立し永続できる循環型社会の創造へ向けた取り組みで、弊社も賛同しています。

バイオジェット燃料への挑戦

「てんぷら油がバイオジェット燃料になる」
まるで夢のような可能性にチャレンジしています。しかもその夢は実現可能な夢であり、我々はHiBD研究所と共同研究開発し、日本初の国産バイオジェット燃料製造技術の特許を申請しました。またNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)より、平成30年度「ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業」の採択も頂き、国のバックアップをもらいながら、バイオジェット燃料の研究開発ができることになりました。もちろん実用化にはまだまだ長い道のりがありますが、着実に一歩一歩夢のゴールに向かって歩み続けます。

  • 事業内容
  • 廃プラスチック油化とは
  • HiBDバイオディーゼルとは
  • 環境関連プラント事業とは